ノンシリコンシャンプーの効果とは?

 

最近では当たり前のようになってしまった「ノンシリコンシャンプー」ですが、
シリコンが入っていないシャンプーにはどのような効果があるのか?を知っている人は少ないのではないのでしょうか?

 

今回はノンシリコンシャンプーの効果について紹介していきたいと思います。

 

洗浄力

一般的なシャンプーにはシリコンが含まれていて、髪をコーティングすることでサラサラな指通りにしてくれます。
しかし洗浄力・刺激共に強く、過剰に皮脂を洗い流してしまって乾燥を招いたり、肌の弱い人であればかゆみやフケの原因ともなります。

 

一方、ノンシリコンシャンプーはほとんどがシリコン入りのシャンプーに比べて洗浄力が弱めです。
ただ、洗浄力が弱すぎる場合があるので、ベタつきがないか数日様子を見た方が良いでしょう。

 

成分

シャンプーは大きく3つの種類に分けることができます。一般的なシャンプーは「高級アルコール系」と言われる種類で、”ラウレス硫酸”などの成分が含まれて強めの洗浄力です。
頭皮をしっかり洗うことができますが、過剰に皮脂を洗い流してしまうので髪のパサつきの原因ともなってしまいます。それを抑えるのにシリコンが用いられます。

 

それらの髪に効果的な成分はノンシリコンシャンプーには含まれておらず、いくつかのノンシリコンシャンプーにはシリコンに代わる成分を含むことでパサつきを抑えようとしています。
その代表的なものに”カチオン界面活性剤”というものがあります。これはシリコンよりも前から使われていて強い刺激があります。

 

ただ、これらの成分を含んでしまうとノンシリコンシャンプーに求めているものとは大きく異なってしまいます。

 

なのでノンシリコンシャンプーを購入する際には、洗浄成分とコーティング成分を確認するのが良いでしょう。
肌が弱い人や乾燥肌、アトピー肌の人であれば、やさしい洗浄成分とコーティング剤を含まないことで肌にやさしいとされるアミノ酸系シャンプーがオススメです。

 

カチオン界面活性剤とは?

 

リンスや衣料用柔軟剤、殺菌剤などに含まれる成分。
帯電防止効果などが期待できます。

 

髪へのダメージ

シリコン入りのシャンプーであれば、髪表面をシリコンの膜がコーティングすることで指通りを良くしたりする効果があります。
ノンシリコンシャンプーには髪を保護する役目を持つ成分が含まれていないので、摩擦によって髪に大きなダメージを与えてしまいます。

 

しかし頭皮が乾燥している人には、ノンシリコンシャンプーの特徴であるやさしい洗浄力で乾燥の改善が期待できます。

 

肌トラブルを抱えている人や、ダメージのある髪の人以外にも共通して言えますが、正しいシャンプーの仕方やトリートメント剤によっては髪に与えるダメージを軽減することができます。
特に、ノンシリコンシャンプーを活かせるトリートメント剤などを使うことが大切なので、シャンプーとコンディショナーなどがセットになっているものを使うなどがオススメです。

 

併せて使うヘアケア用品に含まれる成分

先ほども説明した通り、ノンシリコンシャンプーでは髪をコーティングしてくれる成分が含まれないので、髪が「きしみ」やすくなるのがデメリットとして挙げられます。
しかしこれは、併せて使うヘアケア用品によって改善することがあります。

 

その時もノンシリコンであるかどうか確認することが大切です
。ノンシリコンシャンプーとセットで販売されているコンディショナーなどのヘアケア用品であれば、より効果を引き出せるように同じくノンシリコンであるはずです。

 

 

パーマをかけているのに髪がぺしゃんこになってしまっている人がノンシリコンシャンプーを使うと、髪がふんわりしたと言います。
シリコンシャンプーに含まれるシリコンや、髪によっては髪が重たくなることがあるようです。

 

また、ノンシリコンシャンプーのデメリットでもある「きしみ」。
元々髪が傷んでいるなどで「きしみ」が気になる場合には、椿油などをシャンプーに混ぜて使うことがオススメです。

 

髪や頭皮に使えるオイルであれば負担をかけずに乾燥を防ぐ効果がありますよ。