朝シャンはどうしてダメなの?夜シャンプーのススメ

しっとり,シャンプー

 

あなたは朝シャン派ですか?それとも夜シャン派ですか?
中には「えっ、両方だけど」なんて人もいらっしゃると思います。

 

朝シャンは髪に良くないと最近よく耳にしますが、まずは朝シャンのメリットについて考えてみましょう。

 

朝シャンのメリットとは?

朝からさわやか、気持ちがいい

 

朝シャンの魅力はズバリ「気持ちがいい」ことです。
特に夏場は寝汗をかくこともあるので、出かける前にさわやかにしたいと思う人も多いはずです。

 

眠気すっきり、仕事スイッチオン

 

起きたばかりの体は、まだ眠気が残っていてゆっくりモード。

 

でも今から仕事に行くのにこれではダメだ、という時は朝シャンをすると、
交感神経が刺激されて活動モードに切り替わります。

 

朝のセットがしやすい

 

夜にシャンプーをすると寝癖を直すのが大変、という理由で朝シャンプーの人も多いでしょう。
確かにシャンプーをした後、そのままセットをした方が効率的です。

 

 

では、気になる朝シャンのデメリットはなんでしょうか?

 

朝シャンのデメリットとは?

 

夜にシャンプーをしないと毛穴が詰まる

 

洗髪をせずに眠ると、髪の毛が成長する22時から2時までの間に、
毛穴が皮脂で詰まっているの健康な髪が生えづらくなります。

 

細くコシのない髪やクセのある髪になってしまう事が考えられます。

 

朝も夜もシャンプーするとハゲる!?

 

「じゃあ、朝も夜もシャンプーすれば良い」かと思いきや、それは恐ろしい事態を招きます。
必要以上に皮脂を落としてしまい、健康な髪の成長を妨げるだけでなく、頭皮の乾燥がすすみ、髪も頭皮も大ダメージを受けます。

 

朝の皮脂は必要

 

朝シャンをして汚れも皮脂も落としてさっぱりすると、とても良いことのように思えますが、
実はこの皮脂が昼間の紫外線から頭皮を守ってくれているのです。

 

朝に皮脂を流してしまうと毛穴に強い刺激が加わり、昼間の紫外線に耐えられなくなります。
頭皮は大ダメージを受けて頭皮年齢は老化しやすくなるのです。

 

 

髪の健康を考えると夜シャンプーは欠かせないという事が分かりました。
朝シャンが好きな人も多いですが、これからも長く付き合う髪は大切にしたいですね。