シリコンシャンプーと比較してみる、ノンシリコンシャンプーとは?

 

ノンシリコンシャンプーとはその名の通り、シリコンを含まないシャンプーのことを言います。
現在販売されているほとんどのシャンプーにはシリコンが含まれています。

 

シリコンが含まれたものだと、髪にシリコンの膜を作ることでツヤを出したり指通りのよい髪になります。
手触りの良い髪になることもあり「サラツヤ」などといった言葉もここから生まれたようですね。

 

ただ、シリコンシャンプーは髪に膜を作るように、髪だけでなく肌にも吸着しやすいです。
きちんと洗い流さないと、シリコンが毛穴に詰まったりすることで肌トラブルを起こしたり、健康な髪が生えてこないことがあります。

 

また、十分に洗い流せずにシリコンの膜が頭皮を覆ってしまうと、かゆみ、抜け毛などの症状が起きることもあります。
もし育毛などを望んでいる人であれば、これでは全く意味をなしません。

 

一方、ノンシリコンシャンプーは、現在では育毛シャンプーの扱いで販売されていることも多いようです。

 

ノンシリコンシャンプーに起こりうるトラブルが発生しにくいのが大きな特徴です。
シリコンの膜のようなものを作らないので、髪や頭皮にも負担をかけずにトリートメントなどの成分が髪に浸透しやすいメリットもあります。

 

特に、一般的なシャンプー(=シリコンシャンプー)ではかゆみなどに悩む人も少なくないので、そういった人にオススメしたいシャンプーでもあります。

 

また、育毛シャンプーのくくりにされるように、抜け毛などにも効果があります。
これはノンシリコンシャンプー自体が効果的というわけではなく、シリコンシャンプーでのメリットが無いことが育毛に繋がってるということから効果的だと言われています。

 

シリコンシャンプーはノンシリコンシャンプーと比べると、洗浄力が強いので髪や頭皮にダメージを与えやすいのです。
このように強い洗浄成分が入ったシャンプーを育毛を望む人が使っていては意味がない、という意見が多いようです。

 

さらに、頭皮も呼吸をしているのでそれをシリコンの膜で覆ってしまうことなどから、
育毛を望む人であればノンシリコンシャンプーが良いとされているようです。

 

ノンシリコンシャンプーのデメリットとは?

もちろんノンシリコンシャンプーにもデメリットは存在します。髪をサラサラにするシリコンが無いということは髪がパサつきやすいということです。
他にも「きしみ」や、ツヤが無くなる、指通りが悪くなるなど、シリコンシャンプーのメリットがノンシリコンシャンプーではデメリットになっています。
その為、コンディショナーやリンスを丁寧に使用する必要があります。

 

その上、一般的なシャンプーよりもまだまだ数も多くないなどで、価格が高いこともデメリットとして挙げられます。

 

現在ではシリコンに代わって髪に効果的な成分を含むノンシリコンシャンプーもありますが、
それには天然成分を含むなど、質の良い成分が含まれることが多くあります。

 

そういった成分を使用するとコストがかかる分、商品価格も上がってしまうという訳です。
考え方次第ですが、良い成分を含んでいるから高い、とも言えるでしょう。